心地よい音楽は子供の心を豊かにします
心地よい音楽は子供の心を豊かにします

妊娠中に音楽を聞くことの重要性~妊婦と胎教~

韓流女優からも大注目の胎教~大勢から支持を集める理由~

女性

胎教は、子供の感受性に強い効果があるといわれています。そのため、胎教についての本や知識は今やたくさん世の中に溢れており、セレブでも一般家庭でも妊婦さんの殆どは胎教について取り組んでいます。そんな胎教の中でも音楽による胎教は気楽に行なえて効果が抜群なものとして知られています。

韓流女優も実践!妊娠中の胎教には音楽

胎教とは、簡単に説明するならば子供が健やかに育つための準備のようなものです。胎教は子供に良い影響を与えるのに必須といわれており、セレブから一般家庭まで多くの妊婦さんが実践しています。例として2016年妊娠した韓流女優のシム・イヨンさんやイ・セウンさんも仕事を一時休止して胎教に専念しています。胎教には軽度の運動や芸術鑑賞など様々な種類がありますが、中でも音楽鑑賞は高い人気を誇ります。

音楽による胎教が人気のワケ

上記したように、音楽による胎教は高い人気を誇ります。ここでは、なぜそんなに音楽による胎教が人気なのかを紹介していきましょう。

母体へのリラックス効果
音楽によって最も良い影響を得ることができるのは、実はお子様ではなく妊娠中のお母さんの方です。心地よい音楽を聞いて心を鎮めることでリラックスでき、心身ともにストレスのない状態になることができます。この状態は、実は子供にとっても非常に効果があります。子供が母親のストレスの影響を受けなくなるのでリラックスして成長することができるのです。そのため、健やかに育ちやすくなります。
胎児へのリラックス効果
ストレスによる影響が少ないまま産まれた子供は情緒が安定した子供になりやすいです。人見知りもせずに穏やかな性格に育ち、夜泣きの頻度も少なくなるという説があります。そして、胎教のために聞いていた音楽を覚えており、夜泣きしている時に聞くと心がリラックスして泣き止むことが多くなるという報告もあります。

基本の聞かせ方

胎教音楽の聞かせ方を教えてください。
基本的には、妊娠中のお母さんがストレスを感じないようにするということが一番肝心です。また、音量を少し大きめにしたり、音楽のリズムに合わせてお腹を撫でたり優しく叩いたりすることで音楽のリズムを赤ちゃんに伝えやすくなります。気をつけてほしいのは、胎教に良いからと何時間も同じ音楽をかけっぱなしにしてはいけないということです。これでは赤ちゃんも疲れてしまい、ストレスを感じてしまうので逆効果となってしまいます。長くても30分程度にとどめておきましょう。

音楽は何を聞かせればいいの?

ここでは、胎教に良い音楽のジャンルを紹介していきます。基本的にはクラシックが人気ですが、クラシック以外にも胎教に良い音楽はたくさんあります。

クラシック
胎教に良い音楽として有名なのがクラシックです。といってもクラシックならなんでも良いというわけではなく、心地良く、ゆったりとした音楽が好ましいとされています。なお、胎教に良いクラシックとしてモーツァルトが有名です。モーツァルトの曲を聞くことで頭が良くなるといわれる「モーツァルト効果」が一時的に流行しましたが、実際にはモーツァルト以外でも同様の効果を得ることができるため、好みの楽曲を聞いても基本的には問題ありません。
ジブリ・ディズニー
クラシックは堅苦しくて苦手という人もご安心ください。実はジブリやディズニーの楽曲もクラシックに負けず劣らず効果があるとされています。どちらの曲でも賑やかな曲や心が落ち着く曲など、バリエーション豊かな音楽が楽しめます。また、子供が産まれた時に、聞かせていた音楽が使用されている作品を一緒に観て子供の反応を楽しむことができます。
環境音
雨の音や木のざわめきなどの環境音も、胎教に良いとされています。これら環境音はクラシックと同じく、リラックス効果を与えるα波が出ているとされており、CDで販売されています。この環境音CDは安眠効果もあるため、かけながら眠ることで心身をリラックスさせることもできます。なお、ざわざわとした雑踏などの環境音は逆効果といわれているので注意しましょう。

音楽による胎教を行なっているママの声

胎教は日本でも熱心に行なわれています。様々な本が出版され、胎教に熱心な人達が実践しています。

胎教のおかげか、夜泣きがすぐに収まります。(30代/専業主婦)

胎教のためといろいろな音楽を聞きました。また、話しかけると効果があるというので歌付きの曲を中心に聞いていました。出産後は子供が夜泣きを始めると、体を優しく叩きながらリズムを取り、かつて聞いていた歌を歌うと、安心するのか泣き止んでくれます。

妊娠周期に合わせて音楽を選ぼう

胎教を始めるのは、妊娠してすぐではなく、5~7ヶ月目くらいからが好ましいとされています。というのも、この頃までは赤ちゃんは音を感じ取れない状態であり、胎教によるコミュニケーションは取れないからです。実際に、冒頭で紹介した韓流女優のシム・イヨンさんやイ・セウンさんもすぐに胎教を始めるのではなく、一区切りついた頃から胎教に専念するとインタビューに答えており、それまでは女優業をしています。

健康管理で胎教の効果が上がる~妊娠初期で意識するべき食事と運動~

胎教は音楽が一番お手軽ですが、それだけではいけません。栄養バランスのよい食事を摂ることや、軽度の運動をすることで子供は健やかに産まれ、育ちます。ここでは、そんな音楽以外の胎教も紹介していきましょう。

健康管理あっての「胎教」

音楽を始めとした芸術が心の栄養ならば、食事や運動は体の栄養です。この2つの栄養は、どちらも健やかな子供を産むためには欠かせないものです。特に食事は子供に栄養を与えるため、必要なものであり、お母さんが栄養管理のきちんとした食事を摂ることで胎教の効果は倍増します。栄養不足にならないように、そして子供がきちんと栄養を摂取できるように考えて食事を摂りましょう。

妊娠中の健康管理

妊娠中の健康管理で重要なのはストレスを溜めないことと体重を必要以上に増加させないことです。

妊娠中の健康管理では具体的にどのようなことをしたらいいのですか?
主に、栄養バランスのよい食事と適度な運動です。栄養バランスが偏りがちな時はサプリメントを使用するのも良いですが、できるだけ食事で補うのが好ましいです。また、適度な運動で体を動かすことで余分なカロリーを消費できます。そんな運動で最も良いのが、ウォーキングです。ウォーキングは有酸素運動であり、運動することで赤ちゃんにも酸素を送り込めるので子供が健やかに育ちやすくなります。そして何より、運動をすることでストレスの解消につながります。
健康管理のことばっかり考えると逆にストレスが溜まりそうなのですが…。
難しく考えすぎているのかもしれません。運動のためのウォーキングはへとへとになるまでする必要がありませんし、音楽でも聞いてリラックスしながら行なうのが一番です。この音楽も胎教に良いクラシックなどはもちろんのこと、好きなバンドの曲を聞いてテンションをあげるのも有効です。例えば、貴方が好きなドラマがあったとしましょう。その中に好きな曲があるのなら、その曲を聞いて自分が主役になったような気分でウォーキングをするというのも気分転換になります。要は健康管理ではなく、趣味と考えて軽い気持ちで楽しみましょう。

妊婦

胎教に何より大事なのは、リラックスをして無理のない環境で行なうことです。現に韓流女優のチョン・ドヨンは日常生活を普通にこなすのが胎教だとして、肩肘張らない生活を続けていました。いずれにせよ、子供のことも大事ですが、自分も健康であるにはどうすればよいのかを考え、胎教を行ないましょう。

妊娠中に気をつけるべきことを知りたいならコレ!

胎教はもちろんのこと、妊娠中に気をつけておきたいことは他にもたくさんあります。栄養管理や体調管理などを万全に行ない出産を迎えたいなら、下記サイトを参考にしてみましょう。

妊娠中の過ごし方が分かるおすすめサイト

TOPボタン