心地よい音楽は子供の心を豊かにします
心地よい音楽は子供の心を豊かにします

音楽アレコレ~妊婦さんにおすすめできる妊娠中の胎教に良い音楽~

やっぱり胎教音楽の定番はクラシック~若いママでも聞ける曲を紹介~

胎教に良い音楽の定番はやはりクラシックです。普段あんまり聞かないので敬遠している人も多いと思われるクラシックですが、一度聞くと中々名曲が多く、クラシックにハマるお母さんは多いです。ここでは、そんな妊婦さんにおすすめできるクラシック曲を紹介していきましょう。

胎教にはやっぱりクラシック

胎教にクラシックが良い理由に「リラックスできる」というものがあります。昔、クラシックのコンサートにいった時に眠ってしまったということはないでしょうか。実はあれは退屈だからではなく、リラックスしたことによって起きる現象なのです。コンサートホールの適度な暗さとプロの演奏者による穏やかなメロディは、最高のリラックス状態を作る格好の場所です。よって、妊娠中に良質のクラシックを聞くというのは最高にリラックスできるため、胎教に良いのです。

困った時はこれ!定番のクラッシック3つ

クラシックなんてよくわからない。という人でもモーツァルトやバッハを知っている人は多いです。実はこの二人は胎教に聞くクラシック曲非常に人気があります。その理由について紹介しましょう。

モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
モーツァルトの曲が人気の理由は、「f分の1のゆらぎ」にあります。これは、規則正しいリズムとランダムな規則のリズムの中間を意味し、このリズムを感じることで人はリラックス効果を得られるというものです。モーツァルトの曲はこのf分の1のゆらぎのリズムで演奏されているものが多く、今回紹介する「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」もf分の1のゆらぎのリズムで演奏されています。「こんな曲名聞いてもわからないよ」という方が殆どだと思いますが、イントロを聞けば一発でわかるほど有名な曲です。
バッハの「ブランデンブルグ協奏曲第5番」
モーツァルトと同じく、バッハの曲もまたf分の1のゆらぎのリズムで演奏されている曲が多いです。聞いているうちにリラックスし、心が落ち着いていくのでゆっくり紅茶でも飲み優雅なひと時を味わう気分で聞いてみましょう。ここで紹介している「ブランデンブルグ協奏曲第5番」は1曲約20分と胎教にちょうどよい時間でもあるので、休憩中にこの曲を聞いてリラックスしてみてはいかがでしょうか。
パッヘルベルの「カノン」
クラシックの中でも特に有名で胎教に良い音楽といえば、これです。学校の授業でリコーダー演奏した人は多いと思われます。カノンはヴァイオリン演奏している曲も多くヴァイオリンの高周波の音は癒しの効果があるとされています。ゆっくりとしたリズムが奏でるヴァイオリンの曲は、胎教に良く、心がすっきりとします。

クラシックを聴かせる時の注意点

ピアノを弾く女性

1部前述しましたが、改めて聞く際の注意点を改めて紹介しましょう。まず、聞く時間ですが、これは30分~1時間程度と、限定的に聞かせるのが最も良いとされています。また、音量も上げすぎず、耳に負担がかかるような聞き方は絶対にやめましょう。自分にもストレスになり、逆効果です。なお、音楽を聞く時はイヤホンでもスピーカーでも問題ありません。リラックスして聞ける環境ならばどちらでも良いです。聞くタイミングは特に決まっていません。ゆっくりとリラックスしている時や、逆にリラックスしたい時に聞きましょう。

誰からも愛されるジブリ・ディズニー~胎教に与えるよい影響~

ジブリ・ディズニーを知らない人はいないでしょう。ジブリは日本を代表するアニメスタジオであり、ディズニーは世界を代表するアニメスタジオです。この2つの特徴は、どちらも作品もさることながら音楽のクオリティが凄まじく高いことであり、作品を代表する曲の人気が非常に高いことです。

ジブリやディズニーの音楽が胎教にいい理由

ジブリやディズニーは世界的にも高い人気を誇り多くの人に愛されている作品が多いです。そして、上記したように作品を代表する曲は非常に人気が高く、胎教に良い影響をもたらす効果があります。

ジブリの曲が赤ちゃんに与える影響について教えてください。
ジブリ音楽が胎教に良い理由、それはメロディです。作曲家の久石譲さんが作曲を行なっているジブリ音楽の中にはスローテンポの曲もあり、オルゴールで流すことにより脳がα波を発し、高いリラックス効果を生むのです。また、付け加えるのであればジブリ音楽はおなじみの曲が多いため、落ち着いて聞けるのもリラックスできる理由の一つといえます。
ディズニーの歌はどうして胎教に良いのですか?
ディズニー音楽が胎教に良い理由は、そのキャッチーなメロディと、シンプルでわかりやすい歌詞が挙げられます。日本語吹き替えによる歌詞は自ずと覚えるわかりやすい歌詞だらけであり、メロディも聞いていて耳に残りやすいです。リズムもテンポが良く、体が思わずリズムを取ってしまう曲が多いため、肩肘をはらずにリラックスして聞けるというのが魅力です。

定番のジブリ・ディズニーの胎教音楽

クラシックではなく、ジブリやディズニーの曲を胎教にしたい時のおすすめの曲を紹介していきます。子供が産まれてアニメを観るようになったら一緒に観てあげましょう。

ディズニー系
賑やかな曲ならば「イッツ・ア・スモールワールド」、静かな曲を聞きたい時はピノキオの「星に願いを」、のんびりと穏やかな曲が聞きたいならくまのプーさんの「くまのプーさんのテーマ」といった安定した曲調の曲がおすすめです。吹き替えか原曲かはお好みで大丈夫です。他にもジャングルブックの「ベア・ネセシティ」やわんわん物語の「ベラ・ノッテ」なども人気が高いです。
(胎教にも最適なディズニーオルゴールメドレー)
ジブリ系
ジブリの曲は、基本的にインストゥルメンタル(音楽だけの曲)が多いため、リズムを子供に聞かせる感じで聞きましょう。また、心がワクワクするような曲から落ち着く曲、しんみりする曲とバラエティが豊かなのも特徴です。代表的な曲としてはとなりのトトロの「さんぽ」や魔女の宅急便の「晴れた日に」や「海の見える街」、ハウルの動く城の「人生のメリーゴーランド」があります。また、歌詞付きの曲ならば紅の豚の「時には昔の話を」も落ち着いたメロディです。
(スタジオジブリのオルゴール集)

オルゴールで聞くと効果倍増

ディズニーやジブリに共通しているのはどちらも人気が高く、胎教用に多くのCDがあるということです、特に上記でも紹介したオルゴール版はより高いリラックス効果を得ることができます。是非購入して聞いてみましょう。

TOPボタン