心地よい音楽は子供の心を豊かにします
心地よい音楽は子供の心を豊かにします

妊娠中のポイント~妊婦が行なう胎教を開始するタイミング~

胎教は自分のペースで進める~胎教スケジュール~

今まで胎教に良い音楽を重点的に説明しましたが、やはり一番気になるのは「いつから始めれば良いのか」ということです。そんなわけで、ここでは胎教を開始するタイミングについて説明していきましょう。

胎教は妊娠5~7ヶ月頃が最適!

赤ちゃんの耳の機能が発達し、音や声が届くようになるのは早ければ妊娠5ヶ月頃とされており、7ヶ月頃には殆ど聞こえていることが多いそうです。そして、ちょうどその頃には妊婦さんの体調も安定し始め、つわりが殆ど落ち着いています。そのため、胎教を始めるのであれば5ヶ月目頃が最適だといわれています。

胎教で音楽を聞かせる時期

胎教のために聞かせる音楽は妊娠の周期ごとに少々変わります。よって、ここでは、胎教のために聞かせる音楽について詳しく見ていきましょう。

妊娠5ヶ月

上記したように、赤ちゃんの耳は妊娠5ヶ月目辺りから発達し、聞こえるようになります。しかし、この時期にいきなり音楽を聞かせるではなく、まずは優しく話しかけたり、手でお腹を優しく叩いてリズムを刻むところから始めましょう。いきなり様々な音を聞かせても混乱するばかりですので、まずは簡単な音楽から始めましょう。

妊娠6ヶ月

この頃になったらより聴覚は成長し、発達しています。そのため、音楽はこの時期から聞かせてあげましょう。前述したクラシックやディズニー・ジブリ音楽はリラックスするのに向いている曲ですが、自分がリラックスする曲があるならばこれらにこだわらなくても大丈夫です。また、この時期から適度な運動を始めても良くなります。

妊娠8ヶ月

この時期になれば、赤ちゃんはただ音を聞くだけではなく、誰の声かということを判断できるようになります。そのため、自分だけではなく、旦那さんも子供に声をかけるなどして胎教を手伝ってもらいましょう。この時期になると、音楽以外にも本を読み聞かせてあげたり、以前よりも多く話しかけてあげたりすることで、子供の感受性は豊かになっていきます。

胎教を進める上での心構え

ここまで胎教について多くのことを紹介してきました。その中で特に重要なのは、リラックスするということです。胎教は確かに子供の感受性に大きく影響するかもしれません。しかし、気負うというのはかえって逆効果になってしまいがちです。その結果、無意識のうちにストレスを溜め込むことになってしまいます。まずは、軽い気持ちで始めることからやってみましょう。

胎教以外に気を付けたい事~

胎教を始める場合、胎教に重視しすぎて他のことを疎かにしていては台無しです。よって、ここでは、妊娠中で胎教以外に気をつけたいことを紹介していきましょう。

胎教の効果を無駄にしないために

妊婦

胎教とは「教える」という漢字が入っていますが、決して教育ではありません。その真の目的はコミュニケーションにあります。そして、自分がリラックスすることで赤ちゃんも育ちやすい環境にするという効果もあります。よって、英才教育を行なうというのではなく、赤ちゃんを少し早めに育て始めるという意識を持って胎教を行ないましょう。

胎教に最適な妊娠初期の注意点

ここでは、妊娠初期の注意点についてお話していきます。胎教の効果を上げるためにも、妊娠中は次のようなことに気をつけておきましょう。

妊娠中に気を付けるべきことを教えてください。
まず第一に気をつけるべきことが、食事です。栄養バランスのよい食事は胎児の体だけではなく脳の発達にも影響を与え、胎教の効果をよりいっそう良くする作用があります。特に妊娠初期はつわりが始まり、食欲も減り始めるので栄養が偏っていると胎児に悪い影響を与えてしまいます。よって、いざとなったらサプリメントで栄養バランスを整えましょう。
運動面で気を付けるべきことはありますか?
妊娠初期は軽いウォーキングのみにとどめておきましょう。30分ウォーキングをするだけでリラックス効果を得られるため、ストレス解消になります。ウォーキングの際の注意点は、歩き慣れた道を歩き、重たいものは持たないようにしようということです。また、つわりなどで動けなくなった時のため携帯電話やタクシー代を用意しておきましょう。

妊娠中は体の調子を整えることが優先

重ねていいますが、妊娠中で第一に気をつけるべきことは、栄養摂取です。なぜ必要かもっとわかりやすく説明するならば、母胎が栄養不足になった場合、最悪の事態が発生してしまう可能性があります。母胎が摂取した栄養は、優先的に母胎に吸収され、その余りが赤ちゃんに行くようになります。つまり、母胎が栄養不足になった場合、赤ちゃんにいきわたる栄養は非常に少なくなってしまうのです。よって、赤ちゃんのためにも妊娠中は栄養を第一に考えましょう。

韓流女優だって健康管理はしっかりしてる!

女優業というのは、常に体のプロポーションを気にしなければならないため、健康管理においては非常に厳しいです。特に妊娠した女優の場合、産まれてくる赤ちゃんに悪影響がないように栄養バランスをしっかり考えつつ、体のラインが崩れすぎてしまわないように適度な運動で体を整えなければなりません。例えば、韓流女優の中でも有名な女優の一人であるソ・イヒョンは妊娠中でも健康管理を徹底し、出産して6ヶ月後にはバレリーナ役として活躍していました。

自分のペースで健康管理をするのが一番

健康管理について上記しましたが、これはあくまでプロの女優だからこそ行なったわけであり、誰もが絶対にやらなければならないというわけではありません。確かに、出産後も美しいプロポーションでいられるというのは女性の理想の一つでもあります。しかし、それで体調を崩したり、胎児を危険に晒すというのは絶対に避けなければならないことです。体調に合わせて無理のない胎教を行ない、元気な赤ちゃんを産んであげてください。

TOPボタン